スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び検定に挑戦

ハングル検定の3級に合格してから、だいぶ経つので、そろそろ次の準2級に挑戦してみようかな~~と思っていた矢先、韓国語教室の先生に「ハングル検定ではなく、韓国語能力検定を受験してみたら」と勧められました。
日本で受けられる韓国語の検定には2種類あります。まず一般的に「ハングル検定」と呼ばれる「ハングル能力検定試験」と、「韓国語能力試験(TOPIK)」です。

「ハングル能力検定試験」は「ハングル能力検定協会」と言う日本の団体が行っている試験です。
ハングル能力検定協会公式ページ

「韓国語能力試験」は「韓国教育財団」と言う韓国の団体が行う韓国政府公認の試験です。
韓国語能力試験公式ページ
韓国語能力試験韓国公式サイト

韓国語能力試験は、韓国が外国人向けに行っている試験で問題から全部韓国語だし、初級から既に作文問題があり、かなりハードルが高いんです。留学や就職に必要な能力を判定するのが当初の目的のため、一番低い級のレベルも高めです。その代り、世界中で行われていて、合格認定は韓国公認です。
ハングル検定は、問題はもちろん日本語だし、回答は全て4択で自分で綴りを書く筆記がありません。そして、日本だけで行われています。
私が検定を受け始めた時は、独学の実力確認だったので、とても韓国語能力試験を受けられるレベルではありませんでした。ですので、迷わずハングル検定を受験しました。独学で偏りのあった勉強内容を検定テキストで整理することが出来たり、とても役に立ちました。ただ、順に受けて行って3級に受かった時は、勉強が十分でなく合格ラインぎりぎりの合格でした。まだまだ、3級の内容を憶えきっていない状態での合格だったので、しっかり復習をして次の級に進もうと考えました。復習なんて…なかなかできません^^
そんなこんなで時間がたち「どうしようかな…」と考えているところに、先生から韓国語能力試験を勧められたので挑戦してみることにしました。また初級からやることで、5,4,3級で理解しきってない内容も、また勉強する機会が出来ていいかなと…。それに、息子が受験生なので「勉強しろ勉強しろ」と言うだけじゃなくて、私もお勉強してみせようかな…みたいな?

決心したはいいんですけど、実は昨日が申し込み締め切りで夜9時過ぎにそれに気が付きました@@
願書を郵送ではなくネットから申し込むにしても、入金の手続きを考えると、ああ、もう駄目だと思ったら、最近は受験の申し込み自体をコンビニの端末で出来るようになったらしく、入金もその場で出来、夜でもまだ間に合いました。
ギリギリセーフ^^ いやあ、便利になりました。

と言うわけで…10月28日に韓国語能力試験の初級受験に挑戦します。
さて、試験範囲を調べて、単語帳を作って、文法を書きだした紙を台所に貼って、過去問をやって、お勉強しよう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

春頭

Author:春頭
春頭(はるあたま)と申します。韓国の俳優ソ・ドヨンさん(私はトヨン氏って呼んでます)のファンです。トヨン氏のことが分かりたくて韓国語を勉強しています。最初は独学でしたが、最近ハングル学習サークルでネイティブな先生に教えていただいています。習得レベルはハングル能力検定3級合格、韓国語能力試験3級ギリギリ合格…程度。と言っても…憶えるそばから忘れるのでかなり怪しげです。ここで紹介する韓国語も間違えている可能性も…?そこのところは初級者の学習過程のブログと思ってお許しください^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。